ネット誹謗中傷対策相談センターのご紹介|ネット上の逮捕歴,Yahoo・google検索関連ワード削除,2ちゃんねる,ネット検索や記事の削除方法や消す方法でお困りなら

株式会社リンクス

相談無料。どんなご心配でもまずご連絡を!

実績6年目!!ネット誹中傷対策相談センター 2ちゃんねる 掲示板 ブログ 画像 自分の書き込み 過去の逮捕歴 ネット風評被害トラブルはお任せください!! ネット風評被害からお守りします!2ちゃんねる・検索関連ワード・爆サイ 過去の逮捕歴・知恵袋…etc 削除方法や消す方法を知る!実績6年目!!ネット誹中傷対策相談センター 2ちゃんねる 掲示板 ブログ 画像 自分の書き込み 過去の逮捕歴 ネット風評被害トラブルはお任せください!! ネット風評被害からお守りします!2ちゃんねる・検索関連ワード・爆サイ 過去の逮捕歴・知恵袋…etc 削除方法や消す方法を知る!

2017.09.26
GOOGLE・YAHOO関連検索・サジェストワード 消す方法とは

Yahoo!のサジェスト、関連検索ワード、キーワード入力補助機能の削除依頼と消す方法

Yahoo!のサジェスト、関連検索ワード(キーワード入力補助機能)の削除依頼と消す方法

今回はYahoo!を中心にサジェスト、関連検索ワード(キーワード入力補助機能)の表示される仕組みから対策方法・相談先までを紹介いたします。

 

Yahoo!のサジェスト、関連検索ワード(キーワード入力補助機能)検索補助・予測候補キーワードとは

Yahoo!などの検索エンジンにて検索したキーワードに対し、それと関連しているものを自動的に表示してくれるサポート機能のことです。
たとえば、東京都内で焼肉店を探したい時に「都内 焼肉」と検索すると、下図のような検索補助・予測候補キーワード(サジェスト)が表示されます。

 

現在Yahoo!の検索補助・予測候補キーワード(サジェスト)表示枠は上限10枠までという仕様となっており、
サジェスト枠には「都内 焼肉」で検索する人達がどのような複合ワードで検索しているのか、その検索順位が多い10候補が表示されている形式です。

検索補助・予測候補キーワード(サジェスト)の仕組み

Yahoo!など検索補助・予測候補キーワード(サジェスト)が表示されるのは、以下がその要因だとされています。
(今回はYahoo!のサジェスト、関連検索ワードを主に解説していますが、お問合わせの多いGoogleのケースも併せてご紹介します)

Yahoo!の場合

・一定以上の検索回数がある
・一定数(多数)の異なるユーザーから検索されている
直前まで検索されているキーワード中から、特定の時間枠内で頻繁に調べられているものが表示されやすい

Googleの場合

・一定以上の検索回数がある
・一定数(多数)の異なるユーザーから検索されている
・Webページ内にサジェストワードが含まれるページが多数存在していること

◆参照リンク先◆

Yahoo!キーワード入力補助機能とは

Google オートコンプリートを使用した検索

Yahoo・Googleの関連検索ワードの削除方法と検索予測候補が与える影響とは?

検索補助、予測候補キーワード(サジェスト)、関連検索ワードの誹謗中傷削除依頼方法と消す方法とは?

Yahoo!の検索補助・予測候補キーワード(サジェスト)は、
「ある特定の時間枠内に一定の検索回数があり、多数の異なるユーザーから検索されている」と、サジェストや関連検索ワードとして表示されやすい傾向が強いと言われています。

言い換えると「比較的短期間でサジェストや関連検索ワードに反映されやすい」とも考えられ、その時々の流行などが検索補助・予測候補キーワード(サジェスト)表示枠へ現れやすいようです。

一方のGoogleは、過去から現在の特定の期間にかけて、インターネット上に存在するwebページ内に数多く使われていると、検索補助・予測候補キーワード(サジェスト)や関連検索ワードとして表示されやすい傾向にあると考えられます。

このような検索補助、予測候補キーワード(サジェスト)、関連検索ワードは、検索する時の便利な機能として存在しているはずですが、その便利さが予想もしない誹謗中傷や風評被害のもとになっていることもあるのです。

Yahoo!虫眼鏡・Google関連検索ワードの仕組み

以前、こちらでも紹介しましたが、Yahoo!虫眼鏡・Google関連検索ワードが表示されやすいのは下記要因によるものとされています。

・一定以上の検索回数(検索ボリューム)がある
・一定数(多数)の異なるユーザーから検索されている
・検索キーワードと関連性が高い
・直前まで検索されているキーワード中から、特定の時間枠内で頻繁に調べられているものが表示されやすい
・過去から現在にかけてWebページ内において頻繁に使用されているキーワード・及びそれと一緒に取り上げられているキーワードが関連検索ワードとして表示されやすい

◆参照リンク先◆

Yahoo! 「関連検索ワード」とは 

Yahoo! キーワード入力補助機能とは

Yahoo・Googleの関連検索ワードの削除方法と検索予測候補が与える影響とは?相談センター

ネガティブなサジェストキーワードを削除する方法は?相談センター

検索補助・予測候補キーワードの誹謗中傷キーワードを消す方法は?相談センター

本来、Yahoo!虫眼鏡・Google関連検索ワードは、調べたいキーワードに関連するキーワードを自動的に表示し、効率よく検索する手助けとなる機能です。
しかし、この虫眼鏡や関連検索ワード表示部分に誹謗中傷やネガティブキーワードが表示され、それが風評被害に繋がるケースが存在します。

Yahoo!のサジェスト、関連検索ワード(キーワード入力補助機能)検索補助・予測候補キーワードにネガティブワードが表示されている

個人の場合

1:就職活動への影響
2:結婚や子どもへの影響
3:契約関係への影響

詐欺、逮捕、不倫など、事実ではないとしても検索する相手は必ずしも面識のある人だけとは限りません。
一切面識のない他人が、名前で検索した時に表示される誹謗中傷キーワードを見ることも十分に在り得ます。
仮に本人が気にしないとしても、その近親者や家族に影響が及ぶ可能性も考えられるでしょう。

実例を挙げてみますと、
以前より「Yahoo!検索すると事実無根にもかかわらず個人名で検索すると逮捕や容疑者と表示されていて困っている」といったご相談をよく承ります。
Yahoo!は関連検索ワードの更新頻度が頻繁に行われているため、Googleに比べて短期間で誹謗中傷を含むYahoo!虫眼鏡・関連検索ワードが生成されやすいという傾向が指摘されます。

法人の場合

1:企業イメージの低下
2:採用活動への影響
3:営業活動への影響

ブラック、倒産、詐欺、悪徳などの誹謗中傷キーワードが検索補助、予測候補キーワード(サジェスト)、関連検索ワードに表示されている場合、その影響力は昔以上のものとなっています。

現在はなにか調べる時、大抵の場合はまずネットで検索をする人がほとんどです。
たとえば就職・転職を検討している人たちがブラック、倒産、詐欺、悪徳などの検索補助、予測候補キーワード(サジェスト)、関連検索ワードの表示を見て、
企業エントリーを躊躇ったり、またそれにより取引を見送るなどの営業利益損失、企業イメージの低下に繋がることもゼロではありません。

特に、新卒採用・中途採用などの就職活動中には、エントリーを検討している企業をインターネットで調べるのは定石です。
あえて「企業名 ブラック」「企業名 残業」などという複合ワードでネット検索を行ったりしているため、
本来違法性のない企業であるのにもかかわらず、「ブラック」などという風評被害キーワードが表示されてしまう、という事例も存在します。

今では、いわゆるブラック企業ではなくてもインターネット検索などの影響により、まるで違法性のある企業であるかのような印象を持たれる。
図らずも、そういったあらぬ誤解と風評被害を受けてしまうこともあります。

しかし、これらのネガティブなサジェスト・関連検索ワード表示は放置しておいても状況が改善するわけではないため、何らかの対策を検討する必要が出てきます。
では、この場合どういった対策があるのでしょうか。

 

Yahoo!のサジェスト、関連検索ワード(キーワード入力補助機能)検索補助・予測候補キーワードに表示されている誹謗中傷・ネガティブキーワードの削除方法は?

 

検索補助、予測候補キーワード(サジェスト)、関連検索ワードに表示されている誹謗中傷キーワードの削除方法は、大別すると以下の3つになります。

Yahoo!の検索補助・予測候補キーワードに表示されている誹謗中傷キーワード削除の相談先

①検索エンジン側へ直接削除依頼する

②弁護士事務所へ削除方法を相談する

③対策会社へ削除方法を相談する

検索エンジン側へ直接削除依頼する

Yahoo!へ直接削除依頼する

Yahoo!の検索補助・予測候補キーワード・関連検索ワード(虫眼鏡)に表示されている誹謗中傷キーワードを削除したい場合、専用フォームから削除依頼の申請が可能です

Yahoo!検索 – 関連検索ワードに関する情報提供フォーム

上記申請フォームに必要事項を記入後、Yahoo!は早ければ1日で遅くとも10日前後で返答がありますが、削除申請をすれば絶対に削除される、というわけではありません。
公正さやそのワードを削除すべき正当性などの観点から、削除に至らないケースもあります。もちろん申請内容に不備があっても受理されません。

Googleへ直接削除依頼する

Googleサジェスト・関連検索ワードに表示されている誹謗中傷ワードを削除したい場合は、下記専用フォームから申請できます

法律に基づく削除に関する他の問題を報告する

 

Googleサジェスト・関連検索ワードの削除依頼申請フォームは詳細で正確な内容の記入が必要とされます。
申請者情報をはじめ、実際にGoogleサジェストや関連検索ワードのどういう内容の表示がどのような権利侵害にあたるのか、
またその根拠となる法律等の引用も必要です。
Yahoo!の検索補助・予測候補キーワード・関連検索ワード(虫眼鏡)の削除依頼申請よりもかなり手間がかかる形式になっています。

またGoogleの場合は、申請してから何らかの返答が届くまで1ヶ月前後かかると言われています。
申請が一回で終わらずに、初回申請以降何度かGoogleの担当者との継続的なやり取りが発生するケースもあります。

比較的申請が容易であるYahoo!の検索補助・予測候補キーワード・関連検索ワード(虫眼鏡)の削除依頼申請よりもGoogleサジェスト・関連検索ワードの削除依頼申請は時間と手間がかかる為、
闇雲に申請する前に、まずは専門家へ無料相談してみることをお薦めいたします。

ネガティブなYahoo!のサジェスト、関連検索ワード(キーワード入力補助機能)検索補助・予測候補キーワードの情報発信者開示請求は可能か?

結論から申し上げますと情報発信者開示請求は難しいでしょう。
サジェスト、関連検索ワード(キーワード入力補助機能)検索補助・予測候補キーワードはあくまで検索エンジンの機能にすぎず、
誰かが書き込んだログデータ等が保存されているわけではないため、一般的な情報開示請求はできないからです。

そうなると、先述したように検索エンジン側へ直接削除依頼の申請をするか、それ以外の対策を検討・相談するかが主になるかと思われます。

主な相談先

弁護士事務所の場合

まずはこのようなインターネット上の風評被害対策に明るい弁護士事務所を選定することが大切です。
専門知識が乏しいところへ依頼をしたとしても、望ましい結果が得られる見込みは高くはないでしょう。

また、いわゆる名誉毀損(刑法230条 1項:公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損する行為)に相当するような誹謗中傷キーワードが
検索補助・予測候補・関連検索キーワードとして表示されている場合は、削除対応の見込みは高いと予想されます。
しかし、ブラックやヤバイなどネガティブなイメージを与える言葉ではあるものの、実際になんらかの事実を摘示しているとはされず名誉毀損を理由とした訴訟等は難しい可能性があります

対策会社の場合

ネガティブなイメージを創出させる検索補助、予測候補キーワード(サジェスト)、関連検索ワードなど、
先述した名誉毀損に該当しないけれどもネガティブなイメージを与える誹謗中傷キーワードに関してもご相談ください。

また、サジェスト・関連検索ワード表示に付随するその他のネット上の風評被害など、多角的な施策も行えますので
現状の検索補助・予測候補キーワードに表示されている誹謗中傷キーワードの表示を踏まえて、必要な対策期間やコスト面についても相談可能です。
(多角的な施策に関しては下記をご参照ください)

◆参考記事◆

インターネット上の誹謗中傷・風評被害の削除依頼と消す方法/

2ちゃんねる、匿名掲示板の誹謗中傷・風評被害の削除依頼と消す方法/

社名 株式会社リンクス
電話番号 TEL0120-627-940
FAX03-6867-0897
所在地 〒102-0071 東京都千代田区富士見1-3-11
富士見デュープレックスビズ 802
代表取締役 内山成児
設立 2012年06月
従業員 55名(2015年1月現在 グループ全体含む)
資本金 10,000,000円
事業内容 ネット上の風評被害対策コンサルティング
Webマーケティング事業
リスティング広告運用代行
Webサイト制作