ネット誹謗中傷対策相談センターのご紹介|ネット上の逮捕歴,Yahoo・google検索関連ワード削除,2ちゃんねる,ネット検索や記事の削除方法や消す方法でお困りなら

株式会社リンクス

相談無料。どんなご心配でもまずご連絡を!

実績6年目!!ネット誹中傷対策相談センター 2ちゃんねる 掲示板 ブログ 画像 自分の書き込み 過去の逮捕歴 ネット風評被害トラブルはお任せください!! ネット風評被害からお守りします!2ちゃんねる・検索関連ワード・爆サイ 過去の逮捕歴・知恵袋…etc 削除方法や消す方法を知る!実績6年目!!ネット誹中傷対策相談センター 2ちゃんねる 掲示板 ブログ 画像 自分の書き込み 過去の逮捕歴 ネット風評被害トラブルはお任せください!! ネット風評被害からお守りします!2ちゃんねる・検索関連ワード・爆サイ 過去の逮捕歴・知恵袋…etc 削除方法や消す方法を知る!

2018.04.06
消す方法とは

掲示板・口コミサイトで誹謗中傷に悩む人へ!円滑に削除申請を行うテクニックとは?

掲示板・口コミサイトで誹謗中傷に悩む人へ!円滑に削除申請を行うテクニックとは?

今回はインターネット上の匿名掲示板サイトや口コミサイトなどで、誹謗中傷・風評被害に遭っているとき、円滑に削除申請を行う方法についてご紹介します。5ちゃんねる(旧2ch.net)や2ちゃんねる(2ch.sc)、専門的な口コミサイトなど、具体的にどのような削除申請が行われているのかを一緒に見ていきましょう。

掲示板や口コミサイトで誹謗中傷・風評被害を受けたら

インターネットの普及により、いつでも、誰でも、どこでもインターネットにアクセスすることが出来るようになりました。しかし、それによって問題となったのは、インターネット上の匿名掲示板、口コミサイト、そしてSNSでの誹謗中傷・風評被害です。簡単にアクセスすることができ、匿名での投稿が可能なことから、特定の個人に関するプライバシーの侵害や守られるべき人権を無視した誹謗中傷が目立つようになりました。そして、個人だけではなく、企業にも風評被害の被害が頻出しています。こうした問題は、いつでも、どこでも、誰にでも起こりうる問題なのです。しかし、事前に対策をしたり、知識を身に付けたりすることで、リスクを回避することができます。他人事では済まさず、いつか起こりうる事態として、しっかりと備えましょう。

特に、企業の広報やブランディングを担当されている方にとって、インターネット上の口コミ、SNSによる風評被害やクレームが炎上すると、会社に甚大な不利益が発生します。事前にどうしたリスク回避を行うことが出来るのかを考えましょう。

削除依頼は各サイトで異なる!

まず削除依頼をする際には、そのサイトで定められた削除申請の方法に沿って進めていかなければいけません。削除依頼の方法はサイト毎に異なります。一般的に匿名の掲示板や口コミサイトは、自由に書き込みすることが出来ることが第一にあります。もちろん、自由の中にも制約はあり、特定の個人や法人に危害を加える内容や、犯罪予告など社会に明確な悪影響を与える内容については、削除申請を行うことが出来ます。

しかし、自分にとって不都合な口コミや評価などに対して、主観的な理由のみで削除をするのは難しいのが実態です。削除をするためには、明確な理由が必要なのです。特に専門的な口コミサイトでは、その投稿が虚偽であることを証明することが求められます。削除申請を通すことは簡単ではありません。今回は具体的な削除依頼の方法をご説明していきます。

5ちゃんねる(旧2ch.net)の場合

日本最大の匿名掲示板

まずご紹介するのは、「5ちゃんねる(旧2ch.net)」です。昨年「2ちゃんねる」から改名し、新たに「5ちゃんねる」となりました。この経緯については、本サイトの記事「5ちゃんねるって何? 2ちゃんねるとの関係と削除申請方法・消す方法を解説!」をご覧ください。

「5ちゃんねる(旧2ch.net)」は、言わずと知れた日本最大のスレッド形式の匿名掲示板です。専門的な知識を得ることが出来ることは利用者にとってメリットを生みましたが、掲示板の利用者数が急激に増えていくにつれて、誹謗中傷・風評被害が生まれるようになりました。また、犯罪予告などで世間を騒がせたこともあります。

削除ガイドライン

5ちゃんねるには削除ガイドラインが存在します。削除申請を行いたい場合は、削除ガイドラインに沿って、削除申請を行う必要があります。まず、削除の方法は、削除申請を行うべき理由や状況に応じて、以下の3つに分かれます。

  1.  メールでの削除申請
  2.  一般の削除申請
  3.  削除整理版での削除申請

それでは、一つ一つの方法を見ていきましょう。

 

メールでの削除申請

5ちゃんねるでは、重要削除対象として認められるものに対して、メールでの削除申請を行うことが出来ます。また、この形式の訴えを行うことが出来るのは、当事者のみに限られるので注意が必要です。重要削除対象となるのは、下記の通りです。

  • ・名誉を傷つけるもの
  • ・個人のプライバシーを侵害するもの
  • ・生活に危害を加えるもの
  • ・社会に影響を与えるもの
  • ・警察に通報し、相談をしているもの
  • ・裁判によって、削除命令をうけたもの

上記に該当する場合は、5ちゃんねるの管理者(meiyokison@5ch.net)にメールを送り、削除を要請することが出来ます。メールに書く内容は下記の通りです。

  • 件名:「削除申し立て」
  • 内容:

対象となるURL

レス番号

削除理由を記載(あれば、理由の根拠となる資料も添付)

本人確認のための資料を添付

 

また、この申請方法の場合、削除要請の内容は非公開となります。その他の方法を行う場合は、公開が前提となりますので注意しましょう。

一般の削除申請

「一般の削除要請」は、基本的に重要削除対象のものについてを対象としますが、当事者以外の人も削除を要請することが出来ます。5ちゃんねる上では、一般的に「通報」と呼ばれる方法です。この削除要請は、指定の削除要請フォームによって行われます。削除ガイドラインを読み、しっかりとした削除理由を示す必要があります。

メールの申請では、本人確認のための資料を添付する必要がありますが、この方法では必要ありません。しかし、申請した内容は掲示板に公開されます。そのため、削除要請を行うことによって、炎上が起こるなど、事態が悪化していく可能性もあります。削除要請を出すタイミングが難しい方法と言えるでしょう。

削除整理版での削除申請

削除整理版での削除申請は、重要削除対象以外のものを対象としています。この申請の運用は削除整理フォームにて行われています。掲示板のローカルルールに反する投稿に対する削除要請も該当されます。この削除申請方法も、原則公開を前提をしているので注意が必要です。

削除人がキーパーソン

国内最大級の匿名掲示板サイトである「5ちゃんねる(旧2ch.net)」では、従来ボランティアの削除人によって、削除対象かどうかの判断が行われてきました。現在も、メールでの削除申請以外は、削除人がその判断を行っています。そのため、一般の削除申請、削除整理版での削除申請を行う場合には、削除人がキーパーソンとなります。

誹謗中傷や風評被害の被害にあった人は、大きな怒りを感じ、削除申請をクレームのような形で使ってしまう人もいるかもしれません。しかし、5ちゃんねる(旧2ch.net)の削除人はボランティアです。あくまでも冷静に、削除すべき理由を述べ、削除申請を行う必要があります。しっかりと客観的な理由を提示することが、何よりの近道となるでしょう。これは、メールでの削除申請でも同様です。明確な理由や証拠がなければ、削除されない可能性があります。事前にしっかりと準備しておきましょう。

ミラーサイト・コピーサイトにも注意!

国内最大級の匿名掲示板サイトである「「5ちゃんねる(旧2ch.net)」は、たくさんのミラーサイトやコピーサイトが存在します。また、まとめサイトやブログなどにも多く使用されています。そのため、大元の5ちゃんねる(旧2ch.net)での削除が成功したとしても、こうした別サイトに情報が残っている場合があります。その場合は、一つ一つのサイトで削除申請を行わなくてはいけません。事態を終焉させるために、5ちゃんねる以外のサイトにも目を光らせるようにしましょう。

就職・転職サイトの場合

就職や転職サイトは、企業に対して大きな影響力が及びます。根拠のない悪質な口コミは、優秀な人材を得る妨げになるだけでなく、社会的な信用にもダメージを与えるのです。そのため、企業の担当者は、就職・転職サイトの口コミにも注意を払う必要があります。

「Vorkers(ヴォーカーズ)」の口コミの削除依頼方法

就職・転職の大手有名サイトである「Vorkers(ヴォーカーズ)」は、新卒での就職活動をする学生、転職活動をする社会人のどちらにも人気サイトです。そのため、口コミの影響力も大きいと言えるでしょう。「Vorkers(ヴォーカーズ)」では、根拠のない悪質な口コミに対して、削除依頼を行うことが出来ます。削除依頼方法は、郵送のみです。また、依頼時にその口コミが偽りであること、または誹謗中傷であること、あるいは公序良俗に反することを明確に示す証拠を提示しなくてはいけません。

申請には以下の書類が必要となります。

このように、たくさんの書類をそろえる必要があります。特に、「侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書」は少し複雑な内容となりますので、注意しましょう。

「転職会議」の口コミの削除依頼方法

「転職会議」は、転職を希望する人にとって、大きな影響力を持つ口コミサイトです。利用者にとっては、転職する先の実際の様子を知ることが出来る面でメリットがあります。しかし、一部の口コミには根拠のない誹謗中傷もあり、企業として損害を受ける場合があります。

転職会議では、公開される前に運営元が内容に問題がないかを確認しています。そのため、法に触れているか、もしくは明確な根拠とならない理由で削除依頼をしても骨折り損になってしまいます。その口コミが虚偽であることを明白に突きつけるために、客観的な証拠を集めましょう。また、企業の顧問弁護士の手を借りることも必要です。時間を有効に活用し、スピーディに対応を進めることにしましょう。

炎上や肥大拡大を避けるために

削除要請は、炎上になってからでは遅い場合が少なくありません。例えば、2ちゃんねるは一度炎上しまうと、削除に成功しても、それがさらなる火種となり、さらに炎上が拡大してしまう可能性があります。インターネット上に残るログや別サイトにも注意が必要です。また、削除に時間がかかればかかるほど、被害は大きくなり、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。そのため、事前に対策を行うことが一番のリスクヘッジと言えるでしょう。

また、もし削除申請を出さなくてはいけない事態になったとき、対応に不安があるときは、悩まずに、まずは専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

今回は、各サイトの掲示板・口コミサイトで円滑に削除依頼を行うためのテクニックと手順についてを具体的にご紹介していきました。削除申請を通すためには、事前に明確な証拠や理由を示す必要があります。何かあったときのために、事前に対策を考えておきましょう。それが、被害を防ぐため、また被害を最小限に食い止めるための第一歩となります。